So-net無料ブログ作成

高速新料金で前原氏が小沢氏を批判「二律背反だ」(産経新聞)

 前原誠司国土交通相は23日午前の閣議後記者会見で、鳩山由紀夫首相が民主党の小沢一郎幹事長の意向を受けて6月導入予定の高速道路の新たな上限料金制の見直しを検討する方針を決めたことに対し、「党からの要望を引き取っただけで、了承したわけではない」と述べた。前原氏はその上で、道路整備を求める一方で、料金値下げを主張する小沢氏を「二律背反だ」と批判した。

 前原氏は「(小沢氏は)道路整備をしろと言っておきながら、値段が上がってもいけないという。二律背反なことをおっしゃっている。われわれは方針通り進めさせていただく」と小沢氏の意向には従わない考えを示した。

 一方、枝野幸男行政刷新担当相は「立法府で最終結論を出すのは当然だ」と国会審議を通じた見直しを容認しながらも、党側の意向で方針を転換したことについては「(小沢氏が)乗り込んできたとか、(方針が)ひっくり返ったと受け止められていることに対しては真摯(しんし)に受け止めなければならない。政治的意思決定を変えていくプロセスで、国民の不信を招くようなことはあってはいけない」と指摘した。

 こうした指摘を踏まえ、平野博文官房長官は「あくまでも決定するのは政府であり、多くの声を聞くということは当然、しかるべきだ」と反論した。

 一方、首相は23日午前、「議論の中で結論が出る。心配はいらない」と述べた。首相公邸前で記者団に答えた。

【関連記事】
鳩山内閣、高速道路でまたも迷走 小沢氏依存姿勢が鮮明に 
前原国交相「新制度見直さず」 高速料金も迷走
高速道路法案、国会審議で見直しへ 小沢幹事長らが批判
鳩山首相、高速新料金「前原案をベースに議論を」
運用理解せず…鳩山首相、普天間迷走も小沢氏“我関せず”
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

福知山線脱線 指定弁護士が会見 JR西歴代3社長起訴で(毎日新聞)
雑記帳 24金製サッカーボール…公式球と同じ大きさ!(毎日新聞)
<手鏡箱>龍馬の? 「KAIENTAI」彫られ 京都(毎日新聞)
毒ぶどう酒差し戻し審開始、5月にも協議へ(読売新聞)
<事業仕分け>傍聴者「大幅削減に期待」(毎日新聞)

<まんが甲子園>予選テーマ「3D」「○○無料化」 8月7、8日に本選(毎日新聞)

 全国の高校生が漫画の腕を競う「全国高校漫画選手権大会」(まんが甲子園)の実行委員会はこのほど、今年の予選テーマを「3D」「○○無料化」と発表した。本選大会は8月7、8日。4年目を迎えるスカウト制度には、大手出版社に加え、携帯電話向けのコンテンツ配信などを手がけるBbmfマガジンが初参入する。

 今年で19回目。例年約6100校に募集をかけ、300校前後が応募。昨年は46都道府県の332校が予選に挑んだ。県内からは高知小津、岡豊、室戸が本選に出場した。

 いずれかのテーマに沿った漫画(B4サイズ)を描き、県まんが・コンテンツ課内「まんが甲子園」係(〒780−8570 高知市丸ノ内1の2の20)まで郵送する。6月14日締め切り(当日消印有効)。

 予選審査は6月25日に同市文化プラザかるぽーとで。牧野圭一・京都精華大名誉教授ら7人が審査員を務め、本選出場30校と補欠5校を選出する。本選ではやなせたかしさんやちばてつやさんらが審査を担う。【千脇康平】

【関連ニュース】
掘り出しニュース:“まんが王国・土佐”をブランドに! 県が「まんが・コンテンツ課」新設
まんが甲子園:予選テーマ「3D」「○○無料化」 8月7、8日に本選 /高知
アンパンマンこどもミュージアム:23日開館へ内覧会−−桑名 /三重
アンパンマンこどもミュージアム:23日、三重・ナガシマリゾートに開館 /愛知
横山隆一記念まんが館:「4コマまんが」募集 今年から小学校にも賞 /高知

小沢氏裏献金疑惑 「ウソついてない」「1億円以上提供」(産経新聞)
地元・米の合意得る…首相「決着」へ決意表明(読売新聞)
放鳥トキ、新たに産卵か 別のペアは今週末にもひな誕生(産経新聞)
<400系つばさ>初代ミニ新幹線車両がラストラン(毎日新聞)
<プラスチック>強さ鋼並み…軽くて強度7倍 広島大チーム(毎日新聞)

雑記帳 オットセイ「タロちゃん」新居へ 宮城(毎日新聞)

 岩手県宮古市の田老(たろう)川河口に現れ、1月に衰弱のため宮城県松島町のマリンピア松島水族館に保護されたキタオットセイの赤ちゃん「タロちゃん」が15日、保護水槽から一般展示水槽に移された。

 保護当時と比べて、体重が1.4倍の10.2キロに成長。食欲も旺盛で、海に帰る訓練と運動不足解消のために引っ越した。広い「新居」で自由に泳ぎ回り、愛くるしい仕草でまた人気者に。

 オットセイの群れが三陸沖を通る来年の冬に海へ戻す方針という。群れをはぐれ、不慣れな環境でもたくましく育つ“前途洋々”のタロちゃん。悩める新社会人の励みになるかも。【渡辺豊】

<社民党>民主党の強行採決に異論 幹部会で慎重審議求める(毎日新聞)
松本死刑囚への崇拝継続=09年オウム活動状況−公安調査庁(時事通信)
「教習所行ったが…」20年無免許運転の男逮捕(読売新聞)
夫、刺され重傷「別れ話で…」 妻は車に飛び込み重体(産経新聞)
一式飾の一畑電車 出雲舞台の映画登場でPR(産経新聞)

石原知事は出馬せず 夏の参院選で平沼氏(産経新聞)

 10日に新党「たちあがれ日本」を結成する平沼赳夫元経済産業相は9日午前、夏の参院選について、石原慎太郎東京都知事は出馬しないことを明らかにした。

 平沼氏は、石原知事の任期が来年3月まであることに加え、「市場の問題や銀行の問題とか、いろいろあるから」と述べ、築地市場移転や新銀行東京への対応を抱えていることを理由に挙げた。

 また、山田宏東京都杉並区長らが来週にも結成する新党との連携は「まだ全然、接触がないから何とも言えない」としつつも、将来の可能性には含みを持たせた。都内で記者団の質問に答えた。

【関連記事】
“シルバー新党”早くも暗雲 政策で深いミゾ、健康不安も
慎太郎、小沢の影…与謝野&平沼新党の不可解、狙いは?
新党を動かしたのは邦夫氏、そして石原知事 きっかけは…
亀井氏、相次ぐ新党の動きは「不安定な政治の象徴」
渡部恒三氏、自民党は「家出老人の続出だ」
「中国内陸部の資源事情とは…?」

名張毒ぶどう酒事件 再審の可能性も…最高裁が差し戻し(毎日新聞)
<連合>参院選に向け不満くすぶる 「小沢氏辞任」は陳謝(毎日新聞)
<安中市長選>現職の岡田氏が再選 群馬(毎日新聞)
視覚障害者に2人乗り自転車を、平城宮跡サイクルフェス(産経新聞)
外相と米大使が会談=普天間めぐり意見交換(時事通信)

アフガン、邦人フリージャーナリスト誘拐か(読売新聞)

 アフガニスタンで取材中の日本人フリージャーナリストについて、現地に滞在している知人から「連絡が取れない」との情報が日本政府に入ったことが2日わかった。

 政府は、誘拐された可能性が高いとみて情報収集を続けている。現地の支援者が、解放の交渉をしているという。

 連絡が取れなくなっているのは、東京都中野区在住の常岡浩介さん(40)。政府関係者によると、拉致した相手の目的は、現段階では不明。

 常岡さんの父親で長崎県島原市内の総合病院に勤める医師の常岡武久さん(71)は2日朝、「外務省から連絡があったが、今は『ノーコメント』と答えるように言われているため何も言えない」と話した。常岡さんがアフガニスタンに入っていたことについて「息子からは何も連絡がなかった」と困惑した様子だった。

 常岡さんは2001年7月にも、ロシア・チェチェン共和国の紛争取材に向かうため入国した隣国グルジアで行方不明となり、約半年後の12月に同国内で保護されたことがある。

 外務省は07年7月からアフガニスタン全土に在留している日本人に対して退避勧告を出し、渡航の延期を指示している。4段階に分かれている同省の渡航情報の中では一番重い。

「冷泉家 王朝の和歌守」展 京都文化博物館 日本人の美意識に触れる(産経新聞)
行政刷新会議 茂木議員が18公益法人で役員(毎日新聞)
新党結成「右往左往しない」=野田財務副大臣(時事通信)
車内ライター、簡単着火の電子式か…4児焼死(読売新聞)
<事後強盗>容疑でJR東車掌逮捕 花見客の財布盗む 上野(毎日新聞)

<掘り出しニュース>「地域の力」結実 公衆トイレ完成 三重・伊賀(毎日新聞)

 【三重】伊賀市が伊賀鉄道・広小路駅に住民の要望を受けて総工費約1165万円をかけて建設した公衆トイレが完成し、トイレ前で1日、オープニングイベントが行われた。

 イベントには、住民団体「トイレ設置をすすめる会」の林秀幸会長、内保博仁市長をはじめ、近隣住民ら約50人が出席。テープカットなどをして完成を祝った。

 同駅のトイレは07年に老朽化に伴い撤去されたが、同会が同年秋、「鉄道利用にも観光にもトイレは不可欠」とした約3600人の署名を添えて市や市議会に請願。約2年半かけて「地域の力」が結実した。【関谷徳】

【関連ニュース】
雑記帳:自腹で運転士に いすみ鉄道が募集
雑記帳:北近畿タンゴ鉄道のサービスは…
掘り出しニュース:わ鉄グッズ快調 「招きだるまねこ」など 売り上げは前年同期の10倍 群馬
ブルートレイン:6年ぶり、肥薩おれんじ鉄道の区間に「はやぶさ」走る
目指すぞ!運転士 訓練費自己負担、いすみ鉄道の募集に大きな反響

<訃報>松谷浩一さん76歳=元ユニチカ専務(毎日新聞)
日本側も安全確認=山崎さん搭乗シャトル−宇宙機構(時事通信)
たらい舟 ゆらゆら春の川下り…芭蕉ゆかりの岐阜・大垣(毎日新聞)
<自民>政策テーマを協議(毎日新聞)
現職衆院議員を参院選へ、1議席減るけど…小沢氏(読売新聞)

暴行で2歳男児死亡 母親と同居の19歳少年逮捕(産経新聞)

 同居している女性の長男(2)に暴行したとして、大阪府警門真署は28日、傷害の疑いで、門真市上島町の無職少年(19)を逮捕した。長男は同日午後、治療を受けていた病院で死亡。門真署は遺体を司法解剖し、殺人容疑を視野に少年を調べる。門真署によると、少年は「夜中に突然泣き出してうるさいと思い、胸を拳骨で3回殴り、頭を壁に打ち付けた」と供述しているという。

 逮捕容疑は、3月17日〜28日ごろ、同居している飲食店従業員の女性(19)の長男を繰り返しなぐるなどし、全身打撲のけがをさせたとしている。

 門真署によると、少年は28日未明、ぐったりしている長男を連れ自宅近くの小児科を訪問。すでに重体だったため救命病院へ搬送されたが、同日午後3時半ごろ死亡した。

 長男は頭と顔、胸にアザがあった。死因は全身打撲と急性硬膜下血腫とみられる。

 少年は昨年7月から女性と長男と3人で暮らしていた。調べに対し、「最初はかわいがっていたがなついてくれないので腹が立ち、秋ごろから女性が仕事に出かけている夜に殴っていた」と供述している。

【関連記事】
女児虐待死、継母を傷害致死容疑で再逮捕「黙秘します」
生徒に「常軌逸した」暴行の法政高2教諭を懲戒解雇処分
殴るける、つまようじで刺す… 法政高校の教諭を異常な体罰に走らせた理由は? 
「目があった」中2が高校生を暴行、1カ月の重傷負わす
法政高教諭が「常軌逸した」暴行 殴るける、正座で頭から水
あれから、15年 地下鉄サリン事件

避難誘導マニュアル 市区町村67%未作成(産経新聞)
福岡県知事、減給50%処分へ…町村会接待(読売新聞)
2月訪日外国人数6割増 アイリス効果で秋田に続々(産経新聞)
「どこで吸えば…」灰皿求め“漂流”する神奈川の喫煙者(産経新聞)
民主「言論封殺」で危険水域 内閣支持率30%割れ目前(J-CASTニュース)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。